Event is FINISHED

これからのオリジナリティについて話そう〜 ”著作性”とは何なのか?<オンライン配信>

Description
本屋「SPBS」が実施する SPBS THE SCHOOL では、「すべての本は教材である」をコンセプトに掲げ、さまざまな講座を開いています。今回は、2020年3月に発売された 雑誌『広告』Vol.414 特集:著作 を教材として、「著作性」をテーマにした講義を開催いたします。

インターネットのおかげで、いまは誰もが世界中のデータにアクセスすることができ、自分の作品を世界に発信することができる時代。さまざまなコンテンツや作品が世界中で共有される豊かさを享受できる一方、自分が発信したものがいつのまにか誰かに使用されていたり、誰かが発信したものに似てしまっていたり、著作物のオリジナリティについての理解やルールは十分に共有されず曖昧なままになっている面もあります。

SPBS THE SCHOOL では、他人が撮った膨大な数の写真を収集しながら、そこに寄り添うような視点で作品を生み出してきた美術家の原田裕規さんと、広告や出版などの業界に触れる中で、自らの写真の使われ方を日々考えてきた写真家のGottingham(ゴッティンガム)さんをお迎えして、これからの時代におけるオリジナリティ〜 “著作性“ についてお話しいただきます。

クリエイターとして日々作品を生み出しているお二人は、自身の作品の著作性をどのように考えているのでしょうか。また、これからの時代に、私たちはどのようなことに気を付けて作品を生み出し、発信をしていけばよいのでしょうか。本イベントでは雑誌『広告』の編集長である小野直紀さんをファシリテーターにお迎えし、お二人のトークを通してこれからの時代のオリジナリティについて皆さんと一緒に考えていきます。

こんな方におすすめ

  • 自ら何かを発信している方、これから何かを発信しようと考えている方
  • 創作をしている方
  • ネット上のテキストや写真の使い方・使われ方に興味のある方

講師


Gottingham(ゴッティンガム)さん

写真家。アーカスプロジェクト実行委員会などのスタッフを経たのちに、ソロプロジェクト「Gottingham」として活動を開始。国内外のアートセンター、研究開発機関、企業、デザインスタジオとのコラボラティブ/コミッションワークを中心に作品制作を行う。

原田裕規(はらだ・ゆうき)さん

美術家。1989年山口県生まれ。社会の中で「とるに足らない」とされているにもかかわらず、広く認知されている視覚文化をとり上げ、議論喚起型の問題を提起するプロジェクトで知られる。主な個展に「One Million Seeings」(KEN NAKAHASHI、2019年)、「心霊写真/ニュージャージー」(Kanzan Gallery、2018年)、主な著作に『ラッセンとは何だったのか?』(フィルムアート社、2013年)など。


 
小野直紀(おの なおき)さん

雑誌『広告』編集長。クリエイティブディレクター/プロダクトデザイナー。2008年博報堂に入社後、空間デザイナー、コピーライターを経てプロダクト開発に特化したクリエイティブチーム「monom(モノム)」を設立。社外では家具や照明、インテリアのデザインを行うデザインスタジオ「YOY(ヨイ)」を主宰している。2015年より武蔵野美術大学非常勤講師。2019年より博報堂が発行する雑誌『広告』の編集長を務める。

twitter:@ononaoki


雑誌『広告』について

“Untitled (Copy/Original)”, 2020 ©Gottingham Image courtesy of Hakuhodo and Studio Gottingham

 昨年、クリエイティブディレクターの小野直紀が編集長に就任し、「いいものをつくる、とは何か?」を全体テーマに据え、「視点のカタログ」として生まれ変わった雑誌『広告』。最新号の特集は「著作」。SNSを賑わせる“パクリ”問題や違法コンテンツ配信問題の勃発など、インターネット登場以降にものづくりをとりまく環境が激変する中、あらためてオリジナリティや作家性、著作物の保護や利用のあり方など、「著作」についての様々な視点を投げかけます。
 今回の特集にまつわる問題提起として、「オリジナル版・価格2000円(税込)」とオリジナル版をコピーして作成したセルフ海賊版とも言える「コピー版・価格200円(税込)」の2冊を同時に発売。


概要

  • 日時:2020年6月12日(金) 19:00~20:30
  • 会場:オンライン(Zoomを使用します)
    ※お申し込みいただいた皆さまには、開催日当日18:00までにPeatixより配信URLをお送りいたします。
    ※当日18:00までにメッセージが届いていない場合、登録時のアドレス間違いなどの可能性があります。Peatixメッセージより事務局宛にご連絡をお願いします。
  • 申込締切:開催当日の14:00まで
  • 教材:雑誌『広告』Vol.414 特集:著作 (オリジナル版/コピー版)
    教材がなくてもお楽しみいただける講座です。教材を購入希望の方は、書籍付きチケットをご購入いただくか、開催日当日よりSPBSオンラインストアでの書籍販売を予定しておりますので、ぜひご利用ください。

注意事項

  • お客様都合によるお申込み後の返金はお受けしておりません。あらかじめご了承ください。
  • 書籍付きチケットに関して
    【6月8日(月)正午まで】に書籍付きチケットをお申込みの方は、開催日前に書籍をお届けいたします。
    それ以降にお申し込みの方は、開催後の発送となります。
Updates
  • タイトル は これからのオリジナリティについて話そう〜 ”著作性”とは何なのか?<オンライン配信> に変更されました。 Orig#621988 2020-06-13 03:22:45
More updates
Fri Jun 12, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
1.【限定】オリジナル版『広告』+トークチケット ¥3,800+tax SOLD OUT ¥4,180
2.【限定】コピー版『広告』+トークチケット ¥2,000+tax SOLD OUT ¥2,200
3.トークチケット ¥1,500+tax SOLD OUT ¥1,650
Organizer
SPBS
1,225 Followers

[PR] Recommended information